宮静江 詩人

 

異能の国際派ミュージシャン     ■
 吉田達也さんは、現在の日本の前衛音楽シーンの中でも、その特異な音楽性と圧倒的なドラミングで、高い評価を得ているミュージシャンだ。
その活動は国内にとどまらない。CDは自らの「磨崖仏」レーベルをはじめ、日本・アメリカ・ヨーロッパなど多数のレーベルから五○を超す作品をリリース。海外でも熱狂的な支持を得ている。
達也さんは、ソロ活動のほかにも、自ら率いるグループ・RUINS(ルインズ=遺跡群の意)や大陸男対山脈女、高円寺百景、赤天などのユニットで活躍。さらに、ジャズピアノの菊池雅章、サックス奏者の梅津和時、七○年代からフリーミュージックを演奏しているギタリストの灰野敬二ら、実力派ミュージシャンとのセッションにも参加している。
一年に一、二回は海外へ演奏旅行に出かけており、年に三カ月は日本を留守にする。日本にいるときは、渋谷のラママ、高円寺の二万ボルトやショーボートなど、ロック系ライブハウスを中心に演奏活動を行っている。
ドラムとの出会いは岩高時代     ■
 ドラムとの出会いは、岩高の吹奏楽部に入り、パーカッションを担当したときだ。
達也さんは、音楽専門誌のインタビューに、次のように答えている。
「ドラムに触りだしたのは、高校に入ってブラスバンドに入ってから。叩くことには、中学校くらいから興味があったんだけれど」吉田達也さんが初めて興味を持った音楽は、小学生のときに聴いたビートルズだった。江刺一中に入ってからはプログレシヴ・ロックを聴きだした。そのきっかけは、NHKテレビの「ヤング・ミュージック・ショー」でピンク・フロイドの演奏を見たことだった。
 達也さんは、日本中の石仏の写真を撮り集めて、その写真展を何度か開催している。それも「今から思えば、ピンク・フロイドのテレビを見たこととつながっているかもしれない」と言う。番組の中でピンク・フロイドが演奏していた場所が、石でできたポンペイの遺跡であったからだ。
ヨーロッパ公演のあとなどに達也さんは、その土地の遺跡を訪ね歩いている。
エネルギーと表現欲求が続くかぎり  ■
 今後の活動について、「自分がやりたい音楽を創り続けていきます。エネルギーと表現欲求が続くかぎりは頑張っていきたい」と話す。
達也さんは、岩高生に次のようなメッセージをくれた。
「ほかの人と同じことをするのは楽ですけれど、自分にしかできないことを見つけてやってみるのもいいと思います」
よしだ たつや
――――――――――――――――――――
昭和54年3月岩谷堂高等学校卒業(普通科第30回)
東京都杉並区高円寺在住。江刺市本町出身。
「卵めん」で有名な吉田製麺の次男。
東京のデザイン専門学校を卒業後、広告代理店などでデザイナーをする傍ら、
音楽活動を開始する。昭和63年に「磨崖仏」レーベルを設立。
平成5年、岩手県を会場に開催された国民文化祭では、
ヤング・ミュージック部門に東京都代表として出場している。
12年間のサラリーマン生活に別れを告げ、
平成7年春から音楽活動に専念している。